大阪府立大學

大阪府立大學 大阪國際感染癥研究センター キックオフセミナー「府民?市民の新型コロナウイルス感染癥対策に如何に貢獻するか」

大阪府立大學 大阪國際感染癥研究センター キックオフセミナー「府民?市民の新型コロナウイルス感染癥対策に如何に貢獻するか」
開催日
2021年12月14日(火)13時~17時35分
開催場所
I-siteなんば
南海なんば第1ビル 2階
または
Zoomウェビナー
(注意)対面とオンライン併用

I-siteなんばのアクセス

新型コロナウイルス感染癥パンデミックが世界の人々の生活を一変させました。大阪府立大學の様々な學問領域の教員が集まり大阪國際感染癥研究センターを立ち上げ、様々な情報が飛び交う中、大阪府民?市民の皆様に役立つ研究成果と正確な情報の発信を目的に、今回のキックオフセミナーを企畫しました。多くの皆様のご參加をお待ちしています。

開會挨拶

「大阪府立大學?大阪國際感染癥研究センターの設立の意義」
山崎 伸二(大阪府立大學 學長補佐/大學院 生命環境科學研究科 獣醫學専攻 教授/大阪國際感染癥研究センター 所長/國立研究開発法人 日本醫療研究開発機構(AMED) 新興?再興感染癥研究基盤創生事業/海外拠點研究領域 プログラム オフィサー)

セミナー講演

(1) 新型コロナウイルスを如何に不活化するか

  • 「新型コロナウイルスを知る」
    安木 真世(大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 獣醫學専攻 準教授)
  • 「産學連攜による新型コロナウイルスの不活化法」
    山崎 伸二 (大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 獣醫學専攻 教授)
  • 「感染リスク低減のための工學的感染制御技術の提案」
    秋吉 優史(大阪府立大學大學院 工學研究科 量子放射線系専攻 準教授)
  • 「感染リスク低減のための滅菌バリデーションシステム」
    古田 雅一(大阪府立大學大學院 工學研究科 量子放射線系専攻 教授/放射線研究センター センター長/微生物制御研究センター センター長)

2)新型コロナウイルス感染癥に対する社會的取り組み

  • 「コロナ感染癥が子ども家庭に與えた影響」
    山野 則子(大阪府立大學 學長補佐/大學院 人間社會システム科學研究科 教授/スクールソーシャルワーク評価支援研究所 所長/日本學術會議 特任連攜會員 學術システム研究センター専門研究員(PO))
  • 「まちづくりで人は健康になるのか?人工知能による未來創造」
    大塚 芳嵩(大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 緑地環境科學専攻 助教)
  • 「新型コロナウイルス感染癥に対する日本の取組み」
    山本 倫久(大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 獣醫學専攻 特認講師)

(3)新型コロナウイルスの検査法と治療法の開発研究

  • 「植物工場におけるワクチンタンパク質の生産」
    北宅 善昭(大阪府立大學 研究推進機構 植物工場センター センター長 /特認教授)
    望月 知史(大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 応用生命科學専攻 準教授)
  • 「微生物計測技術を利用した新型コロナウイルス検出法の開発」
    椎木 弘(大阪府立大學大學院 工學研究科 物質?化學系専攻 教授)
  • 「新型コロナ治療薬:スパイク蛋白質を標的としたペプチド醫薬の開発」
    藤井 郁雄(大阪府立大學 特命副學長/大學院 理學研究科 生物科學専攻 教授)

(4)今後の取り組み

  • 「COVID-19に対する市大病院と感染癥科學研究センターの取組み」
    掛屋 弘 氏(大阪市立大學大學院 醫學研究科 教授/感染癥科學研究センター 副センター長)
  • 「大阪府立大學 大阪國際感染癥研究センターから大阪公立大學 大阪國際感染癥研究センターへ」
    朝野 和典 氏(大阪健康安全基盤研究所 理事長/新型インフルエンザ等対策有識者會議 基本的対処方針等諮問委員會 委員/大阪府新型コロナウイルス対策本部會議 座長
    /EXPO25感染癥対策検討會議 委員長)

閉會挨拶

山崎 伸二

関連情報
定員対面先著80名、ウェビナー先著200名
対象者どなたでも
受講料無料
申込期間2021年12月10日(金)まで
申込方法

次のサイトよりお申し込みください。

お問い合わせ大阪府立大學大學院 工學研究科 量子放射線系専攻 準教授 秋吉
Eメール IR2ID-seminar[at]ml.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
永久免费A片在线观看全网站-国产成人综合亚洲色就色